まずは基本、カードローンの審査はこのように行われる!


審査の基本

カードローンの借り入れに欠かせない「審査」

カードローンで借り入れを受けるために欠かせないのが、カードローン会社による申込者の「審査」です。
氏名住所といった基本的な個人情報からはじまり、職業や収入といったセンシティブな質問まである審査はできれば少ない回数で済ませたいものです。
そこで今回は、カードローンに欠かせない審査の流れを大まかに把握しておくことで、少ない回数で審査を通過するコツを探っていきます。

「仮審査」と「本審査」

そもそもカードローンの審査は、「仮審査」と「本審査」の2段階の審査に分けられます。
最近の主流となっている即日審査であってもこの2つの審査をしていることには変わりなく、即日融資のカードローンでは事実上一体化させることでスピーディーな審査を可能としています。

1.仮審査

「事前審査」とも呼ばれる仮審査では、指定信用情報機関への申込者の信用情報の照会と、申込者の記入した個人情報のチェックがおこなわれます。
信用情報と記入された個人情報を照らしあわせた上で、総量規制の対象ではないか、他のカードローンで既に借り入れがないかなどをチェックすることで、本審査へと進みます。
ここで記入した個人情報に不備や誤記や、信用情報に延滞や債務整理の記録があると、借り入れの申し込みが通ることはまずないと考えてください。

2.本審査

仮審査で問題がなければ、そのまま本審査へと進みます。
本審査では仮審査の審査内容と同じ項目について審査をおこないますが、更に所得証明書などの収入証明書類によるもう1段階の審査がおこなわれます。
仮審査と本審査が異なる点として、仮審査はスピードを優先して審査を自動でおこなうのに対して、本審査では人の手と目でおこなうことがあげられます。
仮審査と本審査のダブルチェックにより、より精度の高い審査を目指しているとも言えるでしょう。

気をつけたいポイントとしての「在籍確認」

ここで気をつけたいポイントとしては、即日審査・即日融資が主流となっている現在ではあまりないものの、一部のカードローンでは「在籍確認」があることです。
在籍確認とは、担当者が職場に電話をかけることで実際に在籍しているかなどを確認することを言います。
基本的に在籍確認まで進めば審査で落ちる可能性はほぼないと考えてよいですが、ごくまれに何らかの理由で落ちることがあるため、油断は禁物です。

カードローンの審査はここまで見てきたような流れにそっておこなわれますが、近年では即日審査・即日融資をセールスポイントとしているカードローンサービスが主流です。
これらのサービスでは、仮審査と本審査の2つの審査を同時におこなうことでスピードを早め、即日審査・即日融資を可能としています。

審査を通過するためのポイントはなにか?

ここまで見てきたような流れでカードローンの借り入れ審査はおこなわれますが、気になるのは審査を通過するために注意しておかなければならない大切なポイントは何かということです。
しかしながら、審査項目と審査を通過するためのポイントは審査の肝といえる部分であるため、カードローン会社から公式に明らかにされたことはありません。

そこで実際に借り入れ経験がある人の体験を記したブログなどを良く見てみると、次のようなポイントを重視していることが常識となっています。

  • 過去に延滞や自己破産などの債務整理をおこなっていないか
  • 年齢や職業などの規約に定められている条件を満たしているか
  • 返済を保証する一定の安定収入があるか
  • 申し込んでいるカードローン以外のカードローンで借り入れがないか

他にも、利用者の口コミ情報が良く集まっている比較サイトなどで各ローン会社ごとの傾向などを見てみるのも良いでしょう。
そういうサイトでは利用者同士が情報交換するための掲示板なども用意されている場合があり、カードローン会社の公開情報だけでは知ることが難しい生の声を聞ける可能性が高いです。

そして、上記に挙げた項目に共通する要素として、申し込み時点で過去の借り入れ・返済に何らかの問題がないかという部分と、借り入れ・返済を保障する安定した定期収入の有無が重視されていることが考えられます。

おわりに

ここまで見てきたように、カードローンの借り入れ審査には気をつけるべきポイントがいくつかありますが、その詳細な内容は公式には明らかになっていません。
借り入れを申し込むときには、ここで述べたような最低限の基本を抑えつつ、実際の利用者の体験記や口コミ情報、掲示板なで最新の傾向を抑えておくのが大切です。
そうして十分な情報を得たうえで、余裕を持って申し込みましょう。

The following two tabs change content below.
ローン先生

ローン先生

審査に落ちることもあるお金の借入・・・。なぜ審査に落ちるのか、どうすれば審査が通るようになるかを考えるためのサイトです。