カードローンをいくつも申し込むと危険!金融機関から警戒される「申し込みブラック」とは?


申し込みブラック_アイキャッチ

申し込みのときに陥りがちな「申し込みブラック」

急な出費のときに頼りになるのがカードローンですが、カードローンで借り入れを行うには申し込みをして審査を受けて、その審査に通過する必要があります。最近では即日審査・即日融資のカードローンが一般的となっているため、急ぎの出費のときに新規申し込みからはじめても借り入れまでできますが、確実を期すためにいくつかのカードローンに同時に申し込むことを考えます。

借り入れを確実にするためには良い方法に思える同時申し込みですが、カードローンなどの金融商品の申し込みに限っては、複数同時に申し込むことは賢いとは言えません。一見効率的と思える同時申し込みですが、実は「申し込みブラック」と呼ばれる極めて危険な申し込み方法なのです。

カードローンの借り入れができなくなる「申し込みブラック」とはどのような状態か

そもそもカードローンなどの利用時に良く耳にする「ブラック」とは、どのような状態のことを言うのでしょうか。カードローンの借り入れを受けるためには、カードローン会社による審査を受けることが欠かせません。審査のときに重要なのが、カードローン会社に提出する様々な書類と、指定信用情報機関が収集・管理している信用情報ですが、この信用情報の登録内容に何らかの問題があり、審査の段階で落とされてしまう状態を「ブラック」と言います

信用情報がブラックとなると、カードローンの借り入れだけではなく、クレジットカードの新規発行や銀行の各種ローンの融資など、あらゆる借り入れ・融資ができなくなり、経済的に極めて不自由な状態に置かれます。信用情報として登録される情報の中には、「どのカードローンサービスに申しこんだか」という登録情報も含まれます。いくつかのカードローンに同時に申し込むことで短期間のうちに登録情報が複数あると、審査の段階で資金繰りに困っている可能性や返済能力に疑問があると考えられる「申し込みブラック」として判断されてしまいます。一度ブラックと判断されるとその後の申し込みの審査で落とされるため、ちょっとした注意で回避できる申し込みブラックはできるだけ絶対に避けたいポイントの1つです。

申し込みブラックを避けるためのポイントとは?

申し込みブラックにならないためには、カードローンを申し込むときにいくつか一緒に申し込むのではなく、1つのカードローンに絞ることが肝心です。かつてのカードローンでは、申し込みから審査・借り入れまで数日程度の時間がかかったため、同時申し込みにもメリットはありましたが、即日審査・即日融資が主流となっている現在では、同時申し込みのメリットはありません。

申し込みブラックを避けて借り入れを確実にしたいのであれば、同時申し込みではなく必要書類を準備することや、信用情報の登録情報の確認などに注力するべきでしょう。

申し込みブラックになってしまったらどうするのか?

気になるのは、仮に同時申し込みをして申し込みブラックになってしまったらどうすればよいのかということです。信用情報に一度ブラックとして登録されると、ブラックの状態が解消したあとでも信用情報には一定期間その情報が登録されたままの状態になります。借り入れ・返済状況のブラックであれば5年から10年程度とかなりの長期間に渡って登録されますが、申し込み情報であれば半年程度の登録にとどまるため、比較的早期にブラックの解消が見込めます。

それぞれの指定信用情報機関の申し込み情報の保管期間は、

  • CIC…申込情報:照会日より6ヶ月間(参考
  • JICC…申し込みに関する情報:申込日から6ヵ月を超えない期間(参考

となっているため、申し込みブラックを解消するためには、申し込み情報が押し出されて抹消される半年間を待つことで自然に解消されます。
ただしこれは指定信用情報機関での保管期間であり、各カードローン会社が独自に保管している信用情報はこれと異なる場合があるので、注意が必要です。

おわりに

このように、確実に借り入れを受けるための同時申し込みが裏目に出てしまうのが、申し込みブラックです。申し込みブラックはちょっとした注意で回避できるので、借り入れのときに気をつけたいポイントです。

The following two tabs change content below.
ローン先生

ローン先生

審査に落ちることもあるお金の借入・・・。なぜ審査に落ちるのか、どうすれば審査が通るようになるかを考えるためのサイトです。