ローンが組めない?そんな時は自分の信用情報を調べよう


信用情報

カードローンの審査に欠かせない「信用情報」と「指定信用情報機関」

カードローンの借り入れに欠かせないのが、申し込みのときに記入する住所氏名からはじまり、収入状況までを記入する様々な個人情報ですが、この他にも欠かせないものとして「指定信用情報機関」が収集している「信用情報」があります。この信用情報と指定信用情報機関とは、一体どのようなものなのでしょうか。

信用情報を一言で説明すると金融商品やローン、公共料金の借り入れ・返済や支払いの記録を定められた期間に渡って保管した情報のことです。
一言で信用情報と言ってもその内容にはいくつかの種類があります。大きく分けると、

  • クレジットカードや割賦販売、CLなどの各種ローンの借り入れ・返済状況
  • カーリースなどの個人リースの利用残高と返済履歴

の2つに分類できます。また信用情報として記録される項目も大まかにいくつかに分けられ、

  • 住所氏名などの個人を特定するための情報
  • 契約内容や返済状況などの個人の属性情報
  • 信用情報の申請記録や申請目的などの当該信用情報の使用履歴

が主な信用情報の登録内容となっています。

これらの項目は全て記入が必須ではなく、加盟会社や指定信用情報機関による任意記入の項目も含まれているため、一部記録されない項目もあります。

このようにセンシティブな個人情報をあつかい、必要に応じて素早く提供することが求められる信用情報は、「指定信用情報機関」が一括して収集・管理しています。指定信用情報機関は、銀行や貸金業者、携帯電話会社などが加盟する信用情報の収集・管理を目的とした組織であり、JICCCICKSCが日本国内の指定信用情報機関として知られています。

信用情報の内容に問題があるとどうなるか

カードローンの審査に欠かせない信用情報ですが、その内容に問題があると判断された場合はカードローンの審査にどのような影響があるのでしょうか。

基本的に信用情報は過去の借り入れ・返済の記録です。その借り入れ・返済の記録に延滞滞納自己破産などのいわゆる「ブラック」な記録があると、申込者には返済能力がないか、あっても著しく低いものと考えられます。

そのため、内容に問題があると、新規に借り入れを申し込んでも原則として審査の段階で落とされてしまいます。仮に審査を通過したとしても、返済能力に大きな不安があるため、借入限度額は極めて小さく設定されるでしょう。
つまり、信用情報に何かしらの問題があると、カードローンをはじめとする金融商品の借り入れは極めて難しくなると考えるのが賢明です。

このように信用情報の内容は極めて重要ですが、クレジットカードの支払いやローンの返済をキチンとこなしていれば問題にはなりません。

しかし近年、意外な落とし穴として大きな問題となっているのが、携帯電話料金の支払い滞納による信用情報への記載です。

意外な落とし穴としての「携帯電話料金の支払い滞納」

「ガラケー」とも言われる日本の携帯電話は高機能化の一途を辿り、あわせて本体代金も極めて高額な商品となりました。携帯電話の主流がスマートフォンに変わった現在でもこの流れは変わらず、人気の高い最新端末では、割引を付けなければ10万円程度が標準的な価格帯となっています。

ドコモやau、ソフトバンクといったいわゆるキャリアで携帯電話を機種変更すると、様々なオプションを契約することで端末代金を5万円程度まで引き下げた上で毎月の電話料金に上乗せして本体の代金を分割返済することが一般的です。

電話料金と一緒に返済しているため端末代金を意識することはあまりありませんが、端末代金を分割で返済している状態は割賦(かっぷ)販売と呼ばれ、法律的にはクレジットカードのキャッシングやカードローンの借り入れがあるのと同じ状態として扱われます。

これにより、携帯電話事業者は割賦販売法の規制を受けることになり、過剰与信防止のため割賦販売法に基づいて、指定信用情報機関を利用して顧客の支払い能力調査をおこなうことが義務づけられました。
現在、端末の分割払いに対応している携帯電話事業者では、割賦販売法に基づく指定信用情報機関であるCICとJICCのどちらかに加盟することで信用情報の利用・登録をおこなっています。
このため何らかの理由で料金の支払いを滞納すると、キャッシングや借り入れの返済を滞納したのと同じ扱いとなり、信用情報にその旨が記載されることとなるのです。

つまり、携帯料金の支払いを滞納すると信用情報にその事実が記録されることとなり、カードローンの借り入れやクレジットカードの作成、各種ローンの融資を受けるときに大きな悪影響が生じるのです。

おわりに

このように借り入れだけではなく、クレジットカードの作成や各種ローンの融資を受けるときなど、人生の様々な局面で大きな影響を与えるのが、それまでの借り入れ・返済を記録した信用情報とその内容です。
そしてその信用情報には「携帯電話料金の支払い滞納」も含まれるということを覚えておいてください。
信用情報は「返済日と返済金額を厳守する」というごく小さな注意でクリーンな状態を保つことができます。期日と金額を守って、問題のない履歴を積み上げたいものですね。

The following two tabs change content below.
ローン先生

ローン先生

審査に落ちることもあるお金の借入・・・。なぜ審査に落ちるのか、どうすれば審査が通るようになるかを考えるためのサイトです。