女性はカードローン審査に通り難い?消費者金融と女性の関係


女性向けCL_アイキャッチ

専業主婦やパート・アルバイトの女性はカードローンの借り入れができない?

数多くのカードローンサービスがありますが、その規約を詳しく読むと大部分のカードローンでは貸し付け対象外の人の例として「年金生活者」や「専業主婦」などをあげています。現在では少なくなりましたが、この他にも「パート・アルバイト」を貸付対象外としているカードローンもあるなど、正社員として働いていない専業主婦やパート・アルバイトとして働いている女性が急にカードローンを借り入れることは、不可能ではないものの随分と難しいことのようです。
なぜ専業主婦やパート・アルバイトとして働いている女性は、カードローンの借り入れが難しいのでしょうか。

借り入れできる金額を決める「総量規制」と例外規定

パート・アルバイトのかたの借り入れが難しいのは、カードローンサービスの規約によるものなので地道に借り入れできるカードローンサービスを探すことで解決できます。問題なのは、夫に扶養されている専業主婦のケースです。なぜ専業主婦のカードローン借り入れが認められないのでしょうか。

専業主婦がカードローンの借り入れが認められない理由として大きいのは、「貸金業法」に定められた「総量規制」の存在です。
総量規制とは、一言でいうと個人の借入総額を年収の3分の1までに制限する仕組みであり、平成18年12月の貸金業法改正により段階的に施行され、平成22年6月18日に完全施行された規制です。

法律上、貸し付けの契約は、

  • 個人向け貸し付け
  • 個人向け保証
  • 法人向け貸し付け
  • 法人向け保証

の4つに分けられますが、総量規制はこのうち「個人向け貸し付け」に関して設けられた規制です。カーローンや住宅ローンのように一定の担保があり、返済能力の範囲内とされる借り入れは総量規制の対象外となります。
「貸金業法」の監督下にある貸金業者(消費者金融)からの借り入れは総量規制の影響を受けるものの、同様のサービスを提供している銀行系カードローンは、貸金業法ではなく「銀行法」の監督下にあります。
銀行法には総量規制が存在しないため、消費者金融系カードローンでは不可能な総量規制を超える金額の借り入れも理屈の上では不可能ではありません。

このように総量規制の導入により、専業主婦は労働による収入がないために法律上は無収入としてあつかわれ、それまでは可能だったカードローンの借り入れが原則としてできなくなりました。ただし、専業主婦であっても配偶者の同意書と配偶者との夫婦関係を証明できる公的な書類を審査申込時に提出し、安定収入があると認められれば借り入れできる例外規定が設けられています。これは「配偶者貸付(例外の貸付)」として、特例として設定された制度です。

少額・低利率の女性向けカードローンや銀行系カードローンを検討しよう

このように専業主婦であってもカードローンの借り入れは不可能ではないことはわかりました。それでは専業主婦やパート・アルバイトでも借り入れできるカードローンサービスは、どのようなものがあるのでしょうか。

安心して使える女性向けカードローン

最初に検討したいのが、最近出てきた女性向けカードローンでしょう。女性向けカードローンは通常のカードローンと比べると利率が低いく設定されていることや、専任の女性オペレーターが対応してくれる安心感など、女性向けのサービスならではの安心感があります。

主な女性向けカードローンとしては、

  • 新生銀行カードローン レディースレイク
  • SMBCコンシューマーファイナンス プロミスレディースキャッシング

が知られています。

この他のカードローンサービスでも、女性の申し込みには女性オペレーターが対応するようにするなど、女性向けカードローンとは銘打っていないものの女性に対するサービスを提供しているところもあります。

このように女性でも安心して借り入れできるのが女性向けカードローンの魅力ですが、利率こそ通常のカードローンよりも多少なりとも低いものの、限度額は数十万円程度ときわめて小さく設定されています。
そのため、通常のカードローンに比べて使い勝手が良いとは言いにくいことは否定できません。

ネット銀行系カードローン

そこで検討したいのが、銀行系カードローンの中でも利率が低く限度額の大きい、インターネット専業銀行(ネット銀行)の提供しているカードローンサービスです。メガバンクや地方銀行と異なり、店舗を持たずにインターネットバンキングと、高い収益が期待できる事業に専念しているネット専業銀行は、それだけコストを削減できて利率を高く設定できるなど、他の銀行にはないメリットがあります。これはカードローンサービスにもあてはまり、ネット銀行系カードローンは、軒並み消費者金融系カードローンや他の銀行系カードローンと比べると低い利率と大きな限度額がサービスの大きな特徴となっています。
ネット銀行系カードローンはいくつかありますが、代表的なものとしては、

  • 住信SBIネット銀行 Mr.カードローン
  • 楽天銀行 スーパーローン
  • オリックス銀行カードローン

が知られています。

ネット銀行系カードローンのもう1つの魅力として、収入証明書類が不要な金額が他のカードローンと比べると極めて大きいことがあげられます。消費者金融系カードローンであれば数十万円の借り入れでも収入証明書類が必要です。しかしネット銀行系カードローンでは、数百万円の借り入れであっても不要としているケースもあるため、極めて使いやすいという特徴があります。

おわりに

このように、専業主婦やパート・アルバイトであっても女性向けカードローンやネット銀行系カードローンであれば比較的容易に借り入れができます。多少なりとも時間に余裕があるならば、手間を惜しまずに探す価値はあると言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
ローン先生

ローン先生

審査に落ちることもあるお金の借入・・・。なぜ審査に落ちるのか、どうすれば審査が通るようになるかを考えるためのサイトです。